チェコブタ

チェコ プラハに長期留学中の著者が、チェコ留学の魅力、チェコでの生活、チェコ観光について語るブログ。

チェコ留学の持ち物

Dobrý den!

私のチェコ留学は残り1ヶ月をきってしまいました。あっという間…!

チェコ留学を振り返りながら、こんな情報が欲しかったシリーズを書いていこう第一弾。日本からチェコに持ってくるべき有ると便利なもの、意外とチェコでも手に入るものリストを書き出したいと思います。

f:id:chriso:20190202003946j:plain

食材編

日本から持ってくるべき

顆粒 和風だしの素

私は当初「チェコにいる間はチェコのものだけを食べて行きていく!」と意気込んでいたのですが、結局とても恋しくなりました、日本食。和風スープ、お好み焼き、ほうれん草の和え物、煮物… 出汁さえあれば日本の味を取り戻せる!気がします。

乾燥わかめ

wakame saladなんて書いてあっても出てくるのはわかめじゃない海藻サラダなんてこともあるくらい、ヨーロッパでわかめを手に入れるのは至難の技。しかし水で戻せばすぐに食べられ、ラーメンにもサラダにも大活躍のわかめは持っていると本当に便利でした。

インスタント味噌汁

ホッと一息つきたい時、お世話になったインスタント味噌汁。寮のキッチンは共用だし、一人分だけ作るのは面倒だし…と、インスタント味噌汁はマストハブアイテム。アジア食材店などで手に入れることはできますが高い。

片栗粉

売ってあるのかもしれませんがレアでしょうし、チェコ語で片栗粉見つけるのも大変。ちゃんと自炊するつもりなら、あると色々つかえます。

インスタントラーメン 
日清 ラ王 醤油 5食パック 510g×6袋

日清 ラ王 醤油 5食パック 510g×6袋

 

(↑ラ王の回し者ではないですが、一番日本恋しさを取り戻せたラーメン)

隣国ドイツに行けば普通のスーパーでも日本のインスタントラーメンも手に入るのですが、なぜかチェコには全くない。日本食材店の高いものか、ベトナム人スーパーの辛ラーメンぐらいしかラーメンが手に入らないので、オーソドックスな日本のインスタントラーメンにはしばしば助けられました。

チェコでも手に入る

しょうゆ

sushiはヨーロッパでもファストフードとして人気。おかげで醤油もtescoなど大きめのスーパーに行けば、たいていそんなに高くない価格で置いてあります。(わさびも!)

タイ米のような細長い米がずらっと並ぶあたりにひっそりとsushi riceが。このsushi riceが私たちが想像するいわゆる日本米。

インスタントスープ

カップにいれてお湯を注ぐタイプ。かなりの種類のスープがあります。

野菜

白菜、ねぎ、ニラ、大根、みかんなど、アジアっぽい野菜も意外とあります。

洋服編

チェコ人(ヨーロッパの学生)はあまりおしゃれをしない…?気がするので、日本のように毎日違う服になるように〜と気を使う必要はありません(楽だった〜)。なので持っていく服も最小限でok。服の価格は日本と同じか少し安いぐらい。H&MやMANGO、ZARA、NEW YORKERなどファストファッションがたくさんあります。サイズも日本人女性平均身長の私は困ることはありませんでした。

日本から持ってくるべき

ヒートテック

UNIQLO素晴らしい…(チェコ未出店、ベルリンが一番近い?)。最高気温でもマイナスなチェコの冬を、私はユニクロの極暖とヒートテックタイツ(ズボンの下に履く)のおかげで乗り越えられました。

ドレス

パーティーにもコンサートにも着られそうな、カジュアルにもちょこっとフォーマルにも使えるドレスが一着あると使えます。留学のはじめにウェルカムパーティーがあったりするので持ってくるとよき。

チェコで手に入れるべき

コート

日本で売っているおしゃれコートなんて意味をなしません笑 チェコでスキーウェアのようなコートを買うべき。ファストファッションでもかなり防寒にすぐれたコートが売っていますし、セカンドハンドショップで買うのも手。

スノーブーツ

プラハはそこまで雪は積もりませんが、足先の防寒は重要。また、周辺国に旅行行くのにもスノーブーツがあると助かります。ちなみに日本での靴のサイズ24-24.5=ヨーロッパサイズ38ぐらい。

化粧品編

洋服編に引き続きなのですが、こちらの人たちはめったにお化粧をしません(パーティーに行く時だったり、余裕のある特別な時ぐらい)。おかげで私は半年ノーファンデ生活を送り綺麗な肌を取り戻すことができた気がします笑

日本から持ってくるべき

保湿化粧水

どうやらヨーロッパでは化粧水を使うのは主流ではないらしく、日本のような保湿化粧水はありません。しかし乾燥はひどいので保湿化粧水は必須。

コットン
資生堂 ビューティーアップコットン F 108枚入

資生堂 ビューティーアップコットン F 108枚入

 

 (日本のコットンの質の高さよ…!資生堂の回し者でもありませんが)

チェコにはやたらすぐボロボロになるコットンか、硬すぎるコットンしかありません…泣

洗顔

チェコは硬水だからか、洗顔文化が違います。ヨーロッパ人式は、拭き取り化粧水。私はチェコで拭き取り派になりましたが、水で顔を洗いたい方は洗顔料を持って行きましょう。ただ、泡立ちは悪いですし、肌にもあまり良くない気がする…。

ブランドものリップ

もしも欠かせないものがある場合。なぜかヨーロッパ全体、日本より高いです。Diorのマキシマイザーがチェコだと5000円以上するので、日本で買っておけばよかった。

チェコでも手に入る

メイク落とし

上述の通りあまり化粧せず生きられるのでほとんど使わなかったですし、メイク落としはたくさん売っています。

ベンヌ・ラロッシュポゼ

日本の半額以下で買えますありがたい。Dr.Maxのネット注文がとても便利で安いのでおすすめ。

その他・生活用品編

日本から持ってくるべき

ラップ

チェコのラップは使い物になりません…。切れないし、すぐ溶けるし。

ジップロック

dmなどにたまに置いてあるのですが見つけるのが大変。料理にも、旅行のパッキングにもいろいろ使えるので持ってくるべきでしょう。

レンジでお米炊けるタッパー

百均に売っているのですが、これが本当に便利だった!日本の百均恐るべし、です。

箸・菜箸

売っていることにはありますが、探しまわるのも大変ですし持ってくるのが吉。

カイロ

チェコにないのかしらカイロ…見かけたことがないのですが厳しい冬、カイロがあれば安心です。

チェコでも手に入る

生理用品

日本のものの品質の良さを信じて大量に持ってきていたのですが、チェコのでもそんなに変わらなかったです。またbio系のショップなら綿100%のものや、布ナプキンなどもありました。

 

こんなものでしょうか…?思い出したものがあれば随時更新します。また、他に日本から持って行くべきか疑問なものあればコメントお寄せください。